自然素材を使った住宅・マンションリフォームをおすすめする 東京都小金井市の大工高野建築工房

株式会社 大工高野建築工房
お見積・お問い合わせはこちらから

施工実績
Works

大工高野 施工実績ピックアップ

大工高野の外断熱新築工事「マスターウォール」

一覧へ戻る

大工高野は社員である大工が直接、お施主の声や想いを直接聞き、感じその想いを
自然素材をふんだんに使い造り上げていくことを会社の存在意義としてやっている会社です。
それ以外にもう一つ、建物に取り入れていこうと考えていることがあります。

それが断熱性能です。

この断熱性能をおざなりにして建物を作っても気持ちよく生活するのは難しいのではないかと考えています。
無駄なエネルギーを使わないというスマートハウスの考え方がこれからの時代には必ず必要になります。
その捉え方や使用する方法にはその会社それぞれの考え方があって然るべきだと思います。
大工高野は少しのエネルギーで建物の内部の温度を維持する方法を現在の最も良い方法と考えて建物に取り込んでいます。その一つがこの外断熱工事「マスターウォール」になります。
今後より勧めていこうと考えているのがこの「マスターウォール」と「セルロース」という古紙を使用した断熱材の同時併用の断熱の家です。

ギャラリー

外壁面、全面にマスターウォール用の特殊な防水紙を張ります。
この防水紙は水をとうさず、空気はとうすというもので大変高性能なものです。
ついでに外壁面の通気まで行えるのでマスターウォールの際には必ずこの防水紙を貼っております。
防水紙を貼り終えてから写真のように一番下の段から厚さ4センチの断熱材を貼っていきます。

この積み重なっている材料がマスターウォールようの断熱材になります。
一般の材料ではないので我々でもなかなか目にする機会はありません。
カッターで簡単にカットができますが一枚づつ貼っていくので簡単には終わらない作業です。
またこの断熱材が高気密の要になります。

これが貼ったあとの壁面の写真です。
特殊な金物で抑えているのでしっかり壁に貼り付けてあります。
この断熱材の上から直接、左官工事ができるのが長所のひとつでもあります。

完成図です。
とても手造り感のあるやさしい表情になります。
色も何色かありますので好みに合わせて相談をしながら決めます。
それが大工高野がお勧めをしている点でもあります。
有名な材料では漆喰壁に似ているように感じます。

家の前を通り過ぎる方から良い壁というお言葉を多くいただきました。
大工高野は2012年からスマートハウスをひとつの省エネの技術としてお勧めをしておりますが基本的には電気を使わない省エネを勧めております。

そのような考えの中においてこの外断熱は非常に重要な断熱の工法だと考えております。

  • こもれびリフォーム
  • こもれびほーむ

小金井市の大工職人集団、大工高野建築工房がお届けする快適で健康的な
リフォーム・住空間をあなたの家にも。
住宅に関することでしたらトータルで対応します。どうぞお気軽にお問い合わせください!

お見積・お問い合わせはこちらから