自然素材を使った住宅・マンションリフォームをおすすめする 東京都小金井市の大工高野建築工房

株式会社 大工高野建築工房
お見積・お問い合わせはこちらから

施工実績
Works

大工高野 施工実績ピックアップ

無垢と漆喰の家「やすらぎ」 新築工事 

一覧へ戻る

無垢の杉材が伸びる先に南からのやさしい日差し、暑さが落ち着いたある日の昼下がりに撮った新築工事「やすらぎ」仕様の写真です。住まいを構成するもの、、それは家自体で終わるわけではありません。窓から入る光、それを受け止める漆喰の壁、無垢の床材、そしてそこに住まう人、、その全てがそろって初めて住まいとなります。ここから豊かな生活が生まれて行くことを強く願いながら大工高野は家造りを積み重ねています。

ギャラリー

この写真は階段スペースの下を有効に利用したいと希望していたお施主の希望をかなえるために造られたスペースです。

そのため何センチという単位で階段の段幅、全体の出幅、段数まで慎重に検討してつくり上げたスペースです。

そのおかげで希望していた家具が収められ計算していた通りに収納が出来ました。多くの場合において収納はとても大切な暮らしの要です。
そのため大工高野は全ての持ち物を聞き出し、収納プラントを作成します。どんなにきれいな家を造っても荷物が収納しきれずに人目についてしまっては何の意味もありませんし、かえってストレスになってしまうものです。
ですから大工高野ではいくつかの場面においてお施主に対して住まいのプロとして強い主張をしていきます。
それは何より完成後に満足行く生活を送ってほしいからです。
皆さんも是非、妥協せずにこういった一見、地味ともいえる部分に光を当てて家を考えてみてください。とても豊かな生活になるはずです。

大工高野では住まいについてどうやったら生活が豊かになるか定期的に社内で意見交換をしています。

その中でいくつか標準でつけていこうと話しをした工事があります。
それがこの写真のリコモン用ニッチです。

なかなか評判です。
まず枠を木で造るのでとてもかわいらしく、壁のホタテ漆喰「シェル・プラス」ともとても相性が良いです。

ちなみに大工高野の新築工事はドア枠、窓枠等の枠材を木で、壁と天井をホタテ貝の漆喰で工事することを標準の工事内容としています。室内の人が触れるところには自然素材を使って工事します。(逆に壁紙工事はお断りしています。)

もう一つは壁の中に埋め込んであり表に出てこないので圧迫感が軽減されます。
リモコンぐらいと馬鹿にするなかれ、これがなかなかスッキリしていて見学会などするとに早い段階で「これいいですねー」と嬉しい指摘を受けます。

何か問題があるか?しいてあげるとすれば造る手間がかかるという点でしょうか。自然素材で工事をするので少しの工夫が施工上の手間には出てきます。
しかしこのリモコン用ニッチは大工高野の新築工事「こもれびほーむ」では標準の自然素材工事に含まれています。
機会があれば是非一度見ていただいて小さな工事が生み出す大きな効果を体験していただきたいです。

大工高野は自然素材で住まいの室内を工事することを会社の考えの基本としてやっているのですがその全てを自然素材にすることが難しい施工部分が何箇所かあります。

その一つがこの階段です。
過去、何度か無垢の板材で階段を工事したことがあったのですが費用が高く、無垢材が反って動いてしまい音が鳴ってしまうということがありました。
(木、すなわち自然素材は生きていますので必ずこのような変化があります。)
もちろん工事をする際には無垢材の特性をしっかりとお伝えするのですがなかなか話しだけでご理解をいただくのはとても難しく実際には音が気になるという意見をいただきました。
(逆に時間が経つと気にならなくなるようですが、、)
そういったことがある中で現在は標準の工事として無垢材を合わせて造っている材料で階段を工事しています。

なるべく大工高野では糊を使わずに工事がしたいと考えています。
希望がある方には無垢の板材、鉄等での施工もどんどん受け付けております。

色々と書きましたが写真の階段、糊以外は無垢材ですのでとてもやさしく、室内にナチュラルな印象を与えていて良い仕上がりだと思います。
いずれにしても大工高野の新築工事、自然素材の家「こもれびほーむ」ではこれが標準工事ですので、ベニヤを貼り付けて木っぽく造ってある材料は使いません。

写真は米ぬかで出来たワックス「米ぬかワックス」を塗布した仕上げですが、無添加のワックスで色をつけることも可能です。
自然素材の家「こもれびほーむ」の階段でした。

写真はまっすぐに上部に伸びていく「鉄砲階段」と呼ばれる階段の写真です。
このような目立たない部分こそ自然素材が必要と考えてこの写真を載せました。

いくつかある理由のひとつに階段室に関しては住まいにとっての空気の流れ道(室内空気動線)だということがあげられます。
せっかくの空気の通り道がよどんでしまっては自然素材の家とは呼べないと思うのです。
ですから殺菌、洗浄効果が非常に高いホタテ貝を使用した「シェル・プラス」はとても効果的だと考えいるのです。
もう一つは見た目です。
壁紙とは比較出来ないほどの色々な効果をもたらしてくれます。
現在の家では平屋はほとんどありませんので朝、多くの場合階段を通ることになります。
起きてから一番に通る空間の空気がきれいだったら、壁が朝日で優しく照らされていたら、、それだけでぜんぜん違う朝を迎えられると思います。これは実際のお客様の声です。
考えによっては寝るだけの部屋よりみんなが多く通る階段のほうが自然素材を使うべき空間だという人もいます。(予算等で実際にはなかなかここまで自然素材を使えない方が多いと思いますが、、、)

何故ここまで標準の仕様で自然素材が使えるのかと聞かれます。
大工高野は人件費がかからない会社造りをテーマにしています。現在は「大工+事務一人」の形態で運営を行っています。大工は実際に工事をするので実際の人件費と呼ばれる部分は営業大工の代表と事務の代表妻の2人だけです。
もう一つは自宅兼事務所というソーホー形態をとっていることがあげられます。
その分の金額を住まいにという考えを徹底しています。
一生に一度、人生最大の買い物に妥協は出来ない。
大工高野は細かい部分にも住み手の考えを深く形にすることを考えています。

  • こもれびリフォーム
  • こもれびほーむ

小金井市の大工職人集団、大工高野建築工房がお届けする快適で健康的な
リフォーム・住空間をあなたの家にも。
住宅に関することでしたらトータルで対応します。どうぞお気軽にお問い合わせください!

お見積・お問い合わせはこちらから